化導(読み)カドウ

大辞林 第三版の解説

かどう【化導】

( 名 ) スル
〔「けどう」とも〕
徳をもって人を感化して善に導くこと。

けどう【化導】

〘仏〙 衆生しゆじようを教化し導くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐どう クヮダウ【化導】

〘名〙 人を感化して善に導くこと。けどう。
※修辞及華文(1879)〈菊池大麓訳〉詩文の術「人間至切の感覚と壮旺の信心を発育化導する為め之を実用術芸の科と別つこと最も著しとす」 〔後漢書‐廉范伝〕

け‐どう ‥ダウ【化導】

〘名〙 仏語。人々を教化して導くこと。
※平家(13C前)二「就中に山王の化導は受戒灌頂のためなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android