コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化粧まわし けしょうまわし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化粧まわし
けしょうまわし

相撲で関取衆が土俵入り用に使うエプロンのような美しいまわし。後援会などが昇進を祝って贈ることが多い。帯の生地幅は日本婦人の丸帯と同じ 68cmであるが,長さは2倍近い 6m以上もある。これを縦に六つ折りとして腰に三重に巻き,その先端の 1mほどを広いまま前に垂らし,その部分に模様が施してある。帯の生地は,ラシャならわりあい安価であるが,現在はほとんど使用されておらず,博多織ならその倍,京都西陣製のつづれ織りだとそのまた倍はかかる。馬簾は細い金糸,銀糸の本数を丹念に数えて,一本を直径 2.5cm,長さ 14cmに,約 100本を手よりして一腰分となる。目方は 10kg前後。横綱のものは三つぞろいで一組であるため最低 300万円前後はかかることになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

化粧まわし【けしょうまわし】

相撲で力士が土俵入の際着用する前垂(まえだれ)状のまわし。西陣織博多織が主で,刺繍(ししゅう)などの絵模様を施し,下端には房をつける。元禄のころ紀州藩がかかえの力士に華美なまわしを与えたのが起りとされ,のち取組用の取まわしと区別されるようになった。
→関連項目手数入土俵入り

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

化粧まわしの関連キーワード梅ケ谷藤太郎(初代)取り回し・取回し川湯相撲記念館能代潟 錦作回し・廻し力士養成員支度部屋出世披露大麻草明け荷付け人十両禁色明荷

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

化粧まわしの関連情報