銀糸(読み)ぎんし

精選版 日本国語大辞典「銀糸」の解説

ぎん‐し【銀糸】

〘名〙
銀色薄紙銀箔(ぎんぱく)をおして細く切ったものや縒(よ)り合わせたもの、また、切箔絹糸、ガス糸、レーヨン糸などに巻きつけたものなど。帯地、打敷地、袈裟地などに用いられる。また、白髪など、それに似た形状を持つもののたとえにもいう。
日葡辞書(1603‐04)「Guinxi(ギンシ) キンチャウヲ ツナグ
※人情本・春色恵の花(1836)二「紅白の上絵彩色銀糸にて松葉をちらしに縫せ」 〔杜甫‐往在詩〕
② 索麺(そうめん)をいう女房詞。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「銀糸」の解説

ぎん‐し【銀糸】

銀色の糸。
銀箔ぎんぱく和紙にはりつけ細く切ってったり、銀箔を細く切って絹糸などの周囲に縒りつけたりしたもの。刺繍ししゅうなどの装飾用とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android