銀糸(読み)ぎんし

精選版 日本国語大辞典「銀糸」の解説

ぎん‐し【銀糸】

〘名〙
① 銀色の糸。薄紙に銀箔(ぎんぱく)をおして細く切ったものや縒(よ)り合わせたもの、また、銀の切箔を絹糸、ガス糸、レーヨン糸などに巻きつけたものなど。帯地、打敷地、袈裟地などに用いられる。また、白髪など、それに似た形状を持つもののたとえにもいう。
※日葡辞書(1603‐04)「Guinxi(ギンシ) キンチャウヲ ツナグ」
※人情本・春色恵の花(1836)二「紅白の上絵彩色銀糸にて松葉をちらしに縫せ」 〔杜甫‐往在詩〕
② 索麺(そうめん)をいう女房詞。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「銀糸」の解説

ぎん‐し【銀糸】

銀色の糸。
銀箔(ぎんぱく)を和紙にはりつけ細く切って縒(よ)ったり、箔を細く切って絹糸などの周囲に縒りつけたりしたもの。刺繍(ししゅう)などの装飾用とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android