北の陣(読み)キタノジン

デジタル大辞泉の解説

きた‐の‐じん〔‐ヂン〕【北の陣】

内裏の北の朔平門(さくへいもん)にあった兵衛府(ひょうえふ)の陣(詰め所)。また、朔平門の別称。縫殿(ぬいどの)の
里内裏(さとだいり)などで、警護の武士の詰め所。また、その詰め所のあった門。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きたのじん【北の陣】

朔平門さくへいもんの異名。衛門府えもんふの陣があった。 -ざまに歩み行くに/枕草子 248

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きた【北】 の 陣(じん)

① 内裏の北の朔平門(さくへいもん)にあった、兵衛府(ひょうえふ)の陣(詰所)。また、朔平門の別名。縫殿(ぬいどの)の陣。
※枕(10C終)二四八「細殿の遣戸をいととうおしあけたれば、御湯殿に馬道より下りて来る殿上人、〈略〉きたのぢんざまにあゆみ行くに」
※平家(13C前)六「北の陣に小山をつかせ」
② 里内裏(さとだいり)などで、①に準じた警護の武士の詰所。また、その詰所のある門。
※枕(10C終)一二「今内裏のひむがしをば北のぢんといふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カスタマーハラスメント

消費者による自己中心的で理不尽な要求や悪質なクレームなどの迷惑行為。略称は「カスハラ」。明確な定義は定まっていないが、商品やサービスの提供側に明らかな過失がないにもかかわらず、執拗に謝罪や対価を要求す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北の陣の関連情報