コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北山寒巌 きたやま かんがん

3件 の用語解説(北山寒巌の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

北山寒巌

江戸中期の画家。江戸生。本姓は馬、名は孟熙、字は文圭(文奎)、通称権之助。幕府の御先手与力。画法を父馬道良に学び、山水人物を巧みにした。門人に谷文晁がいる。寛政13年(1801)歿、35才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北山寒巌 きたやま-かんがん

1767-1801 江戸時代中期-後期の画家。
明和4年10月26日生まれ。北山晋陽(しんよう)の子。父の画法をうけ,蘭学(らんがく)をまなび,漢画と洋風画にすぐれた。4歳年長の谷文晁(ぶんちょう)に影響をあたえる。幕府の先手組(さきてぐみ)の与力(よりき)をつとめた。寛政13年1月18日死去。35歳。江戸出身。姓は馬(ば)。名は孟煕(もうき)。字(あざな)は文奎(ぶんけい)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北山寒巌

没年:享和1.1.18(1801.3.2)
生年:明和4.10.26(1767.12.16)
江戸中期の画家。姓は馬,名は孟煕。長崎に渡来し帰化した明国人馬栄宇の子孫。江戸に生まれる。浅草の橋場明神の宮司で絵をよくした父馬道良に漢画を学ぶ一方,蘭学者と交わって洋風画も描き,森島中 良の『紅毛雑話』(1787)などに挿絵がある。フランドルの画家ヴァン・ダイクにちなむ汎泥亀の号を持っていた。

(佐藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北山寒巌の関連キーワード赤松翼荒木維岳伊藤九皐画猫道人川島歌遊国包(11代)交寛美三鍼橘貞風千柄菊旦

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone