漢画(読み)かんが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢画
かんが

語義,用法が時代的に変遷し,初め中国漢代の絵画を,次いで中国絵画の総称として用いられた。また唐絵とも呼ばれ,舶載の宋,元,明の絵画様式にならう日本の中世,近世の絵画と様式をもいい,室町禅林を中心として宋元画の様式による水墨画を描いた画僧や絵師を漢画派と称した。なお江戸時代にはこの流れを継ぐ狩野派の絵画も漢画と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんが【漢画】

中国絵画,とくに宋,元,明,清の絵画の画題・手法による日本絵画をさす。室町時代には,宋元絵画のスタイルによる日本画を唐絵と呼んでいた。江戸時代にそれが漢画と呼ばれるようになったが,一方で唐絵の語も引き続き用いられている。現在では,漢画の呼称は室町時代にさかのぼって用いられる。 漢画はやまと絵に対する概念である。唐の絵画様式を,平安時代を通じ日本化することによってつくられたやまと絵が,王朝の宮廷絵画の伝統を継承する,いわば民族的絵画様式であるのに対し,漢画は鎌倉時代以降新しく輸入された中国絵画の手法を規範とする外来の絵画様式である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんが【漢画】

中国の絵画。特に、漢代の絵画。
宋元風の水墨画。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漢画
かんが

おもに中国の宋(そう)、元(げん)、明(みん)、清(しん)の絵画に倣って制作された日本絵画。鎌倉時代後期、宋・元絵画の舶載が盛んになったが、これら新画風に倣った作品が日本でも制作されるようになった。南北朝・室町時代には幕府および禅林を中心に、この種の絵画が隆盛を誇った。ただし当時はこのような画風の絵画を「唐絵(からえ)」とよんでいた。現在では、江戸時代になって用いられた「漢画」という呼称が一般的である。漢画は以後、平安時代からはぐくまれてきた「大和絵(やまとえ)」とともに日本絵画における二大潮流となり、相互に対立、融合しあい、近世絵画を実り多いものとした。室町時代におこり、江戸時代の画壇の主流であった狩野(かのう)派は漢画系の画系である。なお、江戸中期に明・清絵画の影響のもとに生まれた南画(文人画)も、当時は漢画とよばれていた。[加藤悦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐が ‥グヮ【漢画】

〘名〙
① 中国、漢の時代の絵画。また、広く中国の絵画の総称。
② 中世、古来の大和絵(やまとえ)に対し、鎌倉時代以後に中国から伝わった宋・元系の画風を受けた如拙、周文、雪舟などの絵をいう。
※浮世草子・諸道聴耳世間猿(1766)三「茶、香、鞠、三絃、漢画(カング)もよほど書ますれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の漢画の言及

【室町時代美術】より

…また,唐物は模倣され国産化された。鎌倉彫沈金(ちんきん),古瀬戸の灰釉,鉄釉陶器などがその例であるが,重要なのは,宋・元の唐絵の模倣・学習による国産唐絵(漢画)の普及である。黙庵霊淵,可翁,鉄舟徳済,無等周位(1346‐69),良全ら初期の唐絵画家が学んだのは,中国禅僧の余技としての水墨道釈画,細密な頂相,浙江省の民間絵師による著色の羅漢画などさまざまだが,なかで水墨の技法の摂取が水墨画という新しい表現の分野を発足させた。…

【やまと絵】より


[中世]
 このような平安時代を中心とする〈やまと絵〉〈唐絵〉の語義やその用法は,鎌倉時代後半期に中国から新たに舶載された絵画を唐絵と呼ぶに至って変貌をとげる。すなわち宋・元時代以降の中国画そのものや,それらに影響されて成立した新しい主題や様式による絵画,なかんずく水墨画を唐絵ないしは漢画と呼んだのに対し,〈やまと絵〉はその反対概念として,平安時代以来の伝統的な表現様式による絵画を広く意味する様式語へと変化したのである。 禅宗寺院でおもに発展した水墨画を中心とする新様式の唐絵(漢画)は,詩画軸をはじめとする多くの作品を遺し,一般に鎌倉末から室町期は漢画全盛と受けとられがちである。…

※「漢画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漢画の関連情報