コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北島貞孝 きたじま さだのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北島貞孝 きたじま-さだのり

?-? 南北朝時代の神職。
出雲孝時(いずも-のりとき)の3男。出雲大社の宮司。長兄出雲清孝(きよのり)の死後,出雲国造職(こくぞうしき)をめぐる家督争いから次兄孝宗(のりむね)の千家(せんげ)氏と貞孝の北島氏の2家に分裂。康永3=興国5年(1344)朝廷の裁定により両家は所領を折半し,隔月に神事をおこなうこととした。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北島貞孝の関連キーワード南北朝時代出雲孝時

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android