北島貞孝(読み)きたじま さだのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北島貞孝 きたじま-さだのり

?-? 南北朝時代の神職。
出雲孝時(いずも-のりとき)の3男。出雲大社の宮司。長兄出雲清孝(きよのり)の死後,出雲国造職(こくぞうしき)をめぐる家督争いから次兄孝宗(のりむね)の千家(せんげ)氏と貞孝の北島氏の2家に分裂。康永3=興国5年(1344)朝廷の裁定により両家は所領を折半し,隔月に神事をおこなうこととした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android