コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北朝鮮のミサイル開発 きたちょうせんのみさいるかいはつ

1件 の用語解説(北朝鮮のミサイル開発の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

北朝鮮のミサイル開発

北朝鮮は、旧ソ連が1960年代に配備した短距離弾道ミサイルスカッド(ロシア名R‐17)を80年ごろエジプト経由で入手、スカッドB、スカッドCに改良、中東諸国に輸出するとともに、90年代中期に中距離弾道ミサイルノドン(ノドン弾道ミサイル)を国産化した。ノドンは、発射地点である咸鏡北道蘆洞(北朝鮮読みはロドン)から米国が付けたコードネームで、ノドン1は93年5月29日、日本海中部に向けて試験発射された。最大射程1300kmといわれ、日本列島がほぼ射程に入る。北朝鮮は次いで98年8月31日、大浦洞(テポドン)から、日本列島越しに太平洋に向け、長距離弾道ミサイル・テポドン1 (テポドン弾道ミサイル)を発射。北朝鮮は初の人工衛星「光明星1号」の打ち上げロケットだと主張した。北朝鮮はさらに2005年5月1日、日本海に向けて新型の短距離弾道ミサイルを発射。米国は射程の短さから「新しいカテゴリーに入るミサイル」と分類、再編の進む在韓米軍基地を標的にする可能性を持つ、と分析した。米国が自国に到達可能なテポドン2の開発を警戒する中、北朝鮮は06年7月5日、テポドン2を含む7発のミサイルを日本海に向け試験発射した。

(2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北朝鮮のミサイル開発の関連キーワードレーザー兵器スカッドシュニトケサハリンの朝鮮人北朝鮮のミサイル発射凍結朝鮮族北朝鮮の非核化スカッドとノドン北朝鮮と6者協議朝鮮戦争とソ連空軍

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北朝鮮のミサイル開発の関連情報