北村幽庵(読み)きたむら ゆうあん

美術人名辞典の解説

北村幽庵

江戸中期の茶人。名は政従、通称は左太夫・道遂。江州堅田に住んでいたので堅田幽庵といわれる。藤村庸軒門下。味覚鋭敏であったので茶の水を識別することが出来、また料理・作庭術に長じていた。享保4年(1719)歿、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村幽庵 きたむら-ゆうあん

1648-1719 江戸時代前期-中期の茶人。
慶安元年生まれ。藤村庸軒(ようけん)の門弟庸軒流の名家北村家の初代。近江(おうみ)(滋賀県)堅田にすむ。懐石料理造庭にくわしく,師と居初(いぞめ)邸の茶席天然図画亭(てんねんずえてい)」を合作し,会席料理の幽庵焼き(鮒(ふな)の付け焼き)をつくりだした。享保(きょうほう)4年死去。72歳。名は政従(まさより)。通称は左太夫。別号に祐庵,道遂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android