コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北村春水 きたむら しゅんすい

美術人名辞典の解説

北村春水

江戸中期の国学者・歌人。江戸生。通称又五郎。北村湖元の子。家学を継ぎ、法橋に叙せられた。明和5年(1768)歿、55才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村春水 きたむら-しゅんすい

1714-1768 江戸時代中期の国学者。
正徳(しょうとく)4年生まれ。北村湖元の子。江戸の人。家職の幕府歌学方をつぎ,法印の称号をあたえられた。明和5年5月17日死去。55歳。名は季標。通称は又五郎。編著に「御狩記」,著作に「森の下草」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北村春水の関連キーワード北村季春

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android