コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条基時 ほうじょう もととき

2件 の用語解説(北条基時の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条基時 ほうじょう-もととき

?-1333 鎌倉時代の武将。
正安(しょうあん)3年六波羅(ろくはら)探題北方。のち引付頭人(ひきつけとうにん),信濃(しなの)守護をへて,正和(しょうわ)4年13代執権となるが,翌年辞職して出家。普恩寺殿とよばれる。元弘(げんこう)の乱では鎌倉化粧(けわい)坂をまもって新田義貞(よしさだ)軍とたたかう。正慶(しょうきょう)2=元弘3年5月22日鎌倉東勝寺で一門とともに自刃(じじん)。法名は信忍。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北条基時

没年:正慶2/元弘3.5.22(1333.7.4)
生年:弘安8(1285)
鎌倉末期の幕府執権。時兼の子。讃岐守,相模守を歴任。正安3(1301)年六波羅探題北方に就任し,嘉元1(1303)年まで在京。同3年引付頭人,正和4(1315)年13代執権となる。しかし幕政は内管領長崎円喜・高資父子らが掌握しており,翌年には執権職を得宗高時に譲って出家し,普恩寺入道信忍と称した。鎌倉幕府滅亡の正慶2/元弘3(1333)年,新田義貞軍をよく化粧坂に防いだが,高時ら一門と共に自害した。これより先,子息の六波羅探題仲時自刃の報に接し,「まてしばし死出の山辺の旅の道同じく越て浮世語らん」と詠じたという。<参考文献>安田元久編『鎌倉将軍執権列伝』

(森幸夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北条基時の関連キーワード赤橋守時大仏宗宣北条九代記大仏維貞平兼親平政連北条煕時北条師時三善倫長和気清成

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone