コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条時盛 ほうじょう ときもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条時盛 ほうじょう-ときもり

1197-1277 鎌倉時代の武将。
建久8年生まれ。北条時房の子。承久(じょうきゅう)の乱に父とともに京都に攻めのぼる。嘉禄(かろく)元年父にかわり六波羅(ろくはら)探題南方となる。越後守(えちごのかみ)。のち鎌倉にかえり出家,勝円と号した。建治3年5月2日死去。81歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

北条時盛

没年:建治3.5.2(1277.6.4)
生年:建久8(1197)
鎌倉中期の武士。北条時房の子。鎌倉の佐介ケ谷に住み,佐介流北条氏の祖となる。嘉禄1(1225)年から仁治3(1242)年まで,六波羅探題南方を務める。同年出家して勝円と号した。

(高橋慎一朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

北条時盛の関連キーワード鎌倉時代淡河時治北条長時北条重時没年

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android