コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条流 ホウジョウリュウ

大辞林 第三版の解説

ほうじょうりゅう【北条流】

軍学の一派。祖は北条安房守氏長で、甲州流軍学小幡勘兵衛の筆頭門人。寛永年間(1624~1644)の創始。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の北条流の言及

【軍学】より

小幡景憲は《甲陽軍鑑》を聖典として〈甲州流(武田流)〉を創始し,軍学を体系化した。その弟子北条氏長は中世的軍配を迷信として破棄し,軍法を合理的に大成して〈北条流〉を創始する一方,《士鑑用法》(1646)を著して軍学を武士の修養法とし,泰平における武士の存在価値を求めた。北条流において軍学の体系は完成したが,西洋のように政治学としての位置づけはなく,個人の道徳としての精神主義を濃くしていったのである。…

※「北条流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北条流の関連キーワード松宮観山士鑑用法寺田大介奥田退雲甲州流山鹿流兵学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android