コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍学 グンガク

百科事典マイペディアの解説

軍学【ぐんがく】

兵学とも。軍事を対象とする学問。狭義には日本の近代以前の用兵理論。中世より《七書》《八陣》《遁甲(とんこう)》など中国軍学の強い影響のもと,仏教・道教など雑多な要素を取り入れて形成された。
→関連項目甲陽軍鑑

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんがく【軍学】

兵学,兵法ともいう。軍学は一般に隊伍・兵器の配合,軍役の数などを論ずる軍法が中心と思われがちだが,その内容は,出陣・凱旋・首実検などの式を定める〈軍礼〉,武器の製法・製式を論ずる〈軍器〉,戦略・謀計を論ずる〈軍略〉,そして〈軍法〉,雲気日取り・方角の吉凶を占う〈軍配〉に分けられ,その奥義は軍配とされる。中世より軍学は《七書》や〈八陣,遁甲〉など中国軍学の強い影響下に,仏教・道教など雑多な要素をもって形成され,軍配を中心とした《兵法秘術》(1354),《訓閲集》(1417),《兵術軍敗》(1503)などの著述があるが,実戦への影響は分明ではない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぐんがく【軍学】

用兵・戦術など、兵法に関する学問。兵学。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍学
ぐんがく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の軍学の言及

【兵法】より

…軍学,兵学のこと。〈用兵の法〉の略語で,兵はもと武器の意から転じて軍隊の意。…

※「軍学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

軍学の関連キーワード由井正雪・由比正雪俊寛僧都島物語戸次庄左衛門別木庄左衛門男谷精一郎黒河内節斎本阿弥光達森弾右衛門北条氏長鵜飼技美逸見俊直吉田松陰山鹿素行大石良雄由比正雪小瀬甫庵小幡景憲由井正雪楠木流北条流

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍学の関連情報