コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北畠具親 きたばたけ ともちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北畠具親 きたばたけ-ともちか

?-1586 織豊時代の武将。
北畠晴具(はるとも)の3男。はじめ奈良興福寺東門院院主。天正(てんしょう)4年織田信長により兄具教(とものり)がほろぼされると,還俗(げんぞく)して南伊勢(いせ)の北畠家旧臣を結集。翌年飯高郡(いいたかぐん)森城によったが,織田信雄(のぶお)に攻められ落城し,安芸(あき)(広島県)の毛利輝元(てるもと)をたよってのがれた。天正14年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

北畠具親の関連キーワード北畠晴具

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android