コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北畠具親 きたばたけ ともちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北畠具親 きたばたけ-ともちか

?-1586 織豊時代の武将。
北畠晴具(はるとも)の3男。はじめ奈良興福寺東門院院主。天正(てんしょう)4年織田信長により兄具教(とものり)がほろぼされると,還俗(げんぞく)して南伊勢(いせ)の北畠家旧臣を結集。翌年飯高郡(いいたかぐん)森城によったが,織田信雄(のぶお)に攻められ落城し,安芸(あき)(広島県)の毛利輝元(てるもと)をたよってのがれた。天正14年死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北畠具親の関連キーワード後陽成天皇荒木村重シドニー豊臣蜂須賀正勝仏光寺薬王寺上井覚兼日記ガブリエリ喜多流