北畠晴具(読み)きたばたけ はるとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北畠晴具 きたばたけ-はるとも

1503-1563 戦国時代の武将。
文亀(ぶんき)3年生まれ。北畠材親(きちか)の子。伊勢(いせ)国司。将軍足利義晴から「晴」の字をあたえられ,幕府との関係をつよめる。紀伊(きい)・志摩(しま)に勢力をはり,伊勢山田の神人(じんにん)層の対立に介入。和歌,連歌,茶の湯をよくした。永禄(えいろく)6年9月17日死去。61歳。初名は親平(ちかひら),具国(ともくに)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android