コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北白川遺跡群 きたしらかわいせきぐん

世界大百科事典 第2版の解説

きたしらかわいせきぐん【北白川遺跡群】

京都市左京区北白川・吉田にある縄文時代~弥生時代の遺跡群。京都盆地の北東部,比叡山南西麓に形成された複合扇状地のひとつ,北白川扇状地上に位置する。北東から北白川上終(かみはて)町遺跡,同別当町・小倉町遺跡,同追分町遺跡,吉田山西麓遺跡に分かれる。北方約1.5kmにある一乗寺,修学院の扇状地上にも縄文時代早期~晩期の遺跡群があり,南方1.5kmにも縄文時代~古墳時代の岡崎遺跡がある。上終町遺跡は1934年に小林行雄らが発掘し,縄文時代中期末の住居址1棟のほか,早期押型文土器,後期北白川上層式土器が発見された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android