コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玦状耳飾り けつじょうみみかざり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玦状耳飾り
けつじょうみみかざり

縄文時代の装身具円形楕円形または三角形に近い形のものもある。主として滑石蛇紋岩などでつくられている。中央にがあいていて,そこから外に一筋の切れ目が出ている。大阪府国府遺跡 (こういせき) で人骨の耳の付近から出土した。縄文時代前期から中期にかけて盛んになる。中国のに似ているのでこの名がある。中国華南からきたとする説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

けつじょうみみかざり【玦状耳飾り】

〔形が古代中国の玉器の「玦」に似ているのでいう〕
縄文時代の石製または土製・骨製の耳飾り。円形または長方形で、中央に穴をあけ、外縁からこの穴に切れ目を入れたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

玦状耳飾りの関連キーワード北白川遺跡黒浜貝塚長方形耳飾り外縁玉器土製石製

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android