コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜田耕作 はまだこうさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜田耕作
はまだこうさく

[生]1881.2.22. 大阪
[没]1938.7.25. 京都
東洋考古学者。 1905年東京大学史学科卒業。 09年京都大学に考古学講座創設の際,講師として招聘された。 17年以降『京都帝国大学文科大学考古学研究報告』 (16巻) の発行,東亜考古学会の創設など考古学研究に貢献した。 37年京都大学総長に就任したが,翌年病死。号を青陵と称し多くの随筆,歌を残した。著書『通論考古学』 (1922) ,『東亜文明の黎明』『東亜考古学研究』『支那古明器泥象図説』『青陵随筆』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はまだ‐こうさく〔‐カウサク〕【浜田耕作】

[1881~1938]考古学者。大阪の生まれ。号、青陵。京大教授・総長。英国などに留学し、日本の考古学に科学的研究方法を導入。日本および満州・朝鮮各地を踏査。著「通論考古学」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

浜田耕作【はまだこうさく】

考古学者,号は青陵。大阪府生れ。東大卒。ヨーロッパ留学後,京大に考古学研究室を創設し,1937年京大総長。ヨーロッパの考古学研究法の導入により日本考古学の発達に貢献し,また朝鮮半島,中国各地の遺跡を調査。
→関連項目営城子壁画墓末永雅雄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜田耕作 はまだ-こうさく

1881-1938 大正-昭和時代前期の考古学者。
明治14年2月22日生まれ。京都帝大に日本初の考古学研究室を創設し,大正6年教授。昭和12年同大総長となる。ヨーロッパの研究法を導入し,日本だけでなく朝鮮,中国各地の遺跡も調査した。昭和13年7月25日死去。58歳。大阪出身。東京帝大卒。号は青陵(せいりょう)。著作に「通論考古学」「東亜考古学研究」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はまだこうさく【浜田耕作】

1881‐1938(明治14‐昭和13)
考古学者。青陵と号す。大阪府南河内郡古市村(現,羽曳野市)に生まれ,第三高等学校を経て,1905年東京帝国大学文科大学史学科を卒業。専攻西洋史学であったが,在学中より《国華》の編集にたずさわり,同誌あるいは《人類学雑誌》に考古学・美術史論文を発表した。09年京都帝国大学文科大学講師として京都に移り,京大に考古学研究室を創設した。13年助教授,17年教授に進み,文学博士学位を受けた。37年京都帝国大学総長に任ぜられたが,翌年病没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はまだこうさく【浜田耕作】

1881~1938) 考古学者。大阪生まれ。京大総長。号、青陵。日本にアカデミックな考古学を導入。日本をはじめ中国・朝鮮の考古学的踏査を行い、多数の調査報告書を著す。美術史などの研究論文も多い。主著「通論考古学」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜田耕作
はまだこうさく
(1881―1938)

大阪府出身の考古学研究者、京都帝国大学総長。青陵(せいりょう)と号する。東京帝国大学で西洋史学・美術史を学び、1916年(大正5)京都帝国大学にわが国最初の考古学講座が創設されて教授となる。それに先だつ3年間、とくにイギリスのフリンダース・ペトリーおよびアーチバルド・H・セイスから学んだ成果を踏まえ、研究法、発掘調査、報告書出版、遺構・遺物の集成図作成、模型製作、資料の展示、わかりやすい解説などに優れた模範を示し、学界の指導的位置にたった。厳格な反面、開放的で、学際的にも社交界でも交流に長(た)け、粋(いき)で、画筆も巧み、随筆、紀行文にも才筆を振るった。彼の『博物館』(1929。改題『考古学入門』)と『通論考古学』(1922)を超える入門書はいまだない。[佐原 真]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の浜田耕作の言及

【北白川遺跡群】より

…その後,山内清男,岡田茂弘らはこの予測を踏まえ,近畿地方縄文時代前期の編年を確立した。追分町遺跡は1923年に浜田耕作によって発見され,その後十数次にわたって発掘調査が行われている。縄文時代中期末の竪穴住居址2棟,後期の配石・甕棺遺構,晩期の集石土壙墓,弥生時代中期の方形周溝墓などの遺構のほか,縄文時代晩期のトチノキ,イチイガシなどの混在する樹林跡が発見されている。…

【考古学】より

…当時は,石器時代と以後の時代の間に人種の交替があったと考えられており,日本の先住民族はアイヌか非アイヌかという問題をめぐって論争が交わされたが,資料操作の方法が未熟で問題の解決にいたらなかった。1910年代後半に,京都大学の浜田耕作がヨーロッパで確立された考古学の方法を紹介,実践し,日本考古学もようやく厳密な学としての体裁を整える。20年代後半から第2次世界大戦にいたる間は編年学の時期といわれる。…

【赤峰】より

…赤峰付近の遺跡は,1908年鳥居竜蔵の踏査以来,その存在は古くから知られていた。35年東亜考古学会の浜田耕作らが紅山後を調査し,また56年には呂遵諤,裴文中らが紅山後の北大溝と紅山前を調査した。紅山後は赤峰市の東北6km,英金河畔にある高さ200mの紅山と呼ばれる花コウ岩の丘陵の東麓一帯にある黄土台地で,第1次文化の住地,第2次文化の住地と墓が発見された。…

※「浜田耕作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浜田耕作の関連キーワードG.O.A. モンテリウス浜田青陵(せいりょう)賞村田 数之亮西都原古墳群金石併用時代モンテリウス古典考古学羊頭窪遺跡河和田遺跡小林 行雄末永 雅雄浜田 耕作原田 淑人浜田青陵賞貔子窩遺跡牧羊城遺跡ピートリー発掘調査原田淑人国府遺跡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜田耕作の関連情報