北白川遺跡(読み)きたしらかわいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北白川遺跡
きたしらかわいせき

京都市左京区北白川小倉町にある,縄文時代前期から後期の遺跡。 1934年京都大学および京都府が調査。土器石器石製品が出た。土器には爪形文羽状縄文磨消縄文,朱の施されたものなどがある。石器では,石斧石鏃石錐石匙石錘などが出土し,石製品としては滑石製の玦状耳飾りが出ている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android