コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北野元峰 きたの げんぽう

美術人名辞典の解説

北野元峰

曹洞宗の僧。永平寺貫主。福井県生。江戸万年山青松寺で魯忠に嗣法し、のち席を継ぐ。当時廃仏棄釈の風潮が盛んであったが、護法扶宗の一念より大道の宣布に努力した。昭和8年(1933)寂、92才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北野元峰 きたの-げんぽう

1842-1933 幕末-昭和時代前期の僧。
天保(てんぽう)13年11月1日生まれ。曹洞(そうとう)宗。江戸青松寺の素信魯衷の法をつぎ,明治6年同寺の住持となる。永平寺と総持寺の両本山分離抗争に際し,調停につとめた。大正9年永平寺貫首,曹洞宗管長。昭和8年10月19日死去。92歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。法名は大夤。著作に「起信論講義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

北野元峰の関連キーワード北野 元峰幕末天保

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android