コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北野元峰 きたの げんぽう

2件 の用語解説(北野元峰の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

北野元峰

曹洞宗の僧。永平寺貫主。福井県生。江戸万年山青松寺で魯忠に嗣法し、のち席を継ぐ。当時廃仏棄釈の風潮が盛んであったが、護法扶宗の一念より大道の宣布に努力した。昭和8年(1933)寂、92才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北野元峰 きたの-げんぽう

1842-1933 幕末-昭和時代前期の僧。
天保(てんぽう)13年11月1日生まれ。曹洞(そうとう)宗。江戸青松寺の素信魯衷の法をつぎ,明治6年同寺の住持となる。永平寺と総持寺の両本山分離抗争に際し,調停につとめた。大正9年永平寺貫首,曹洞宗管長。昭和8年10月19日死去。92歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。法名は大夤。著作に「起信論講義」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

北野元峰の関連キーワード泉伍朗大石源治織田東禹小山善佐田徳平筒井正雄能村磐夫松原権四郎依田豊渡辺七郎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone