コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

匹田松塘 ひきた しょうとう

1件 の用語解説(匹田松塘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

匹田松塘 ひきた-しょうとう

1780*-1833 江戸時代後期の武士。
安永8年12月27日生まれ。匹田柳塘(りゅうとう)の子。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)の家老を28年間つとめ,亀田藩との境界争いを解決し,松前出兵などをおこなう。文人としても知られた。天保(てんぽう)4年7月17日死去。55歳。名は定綱,のち厚綱(ひろつな)。字(あざな)は伯紀。通称は久馬,斎(いつき)。別号に春風楼。姓は疋田ともかく。著作に「ゑんま大王の申渡」「春風楼吟稿」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

匹田松塘の関連キーワード池田寛親稲葉正博片山辰世小島礼重鈴木宗休高田亘馬場正通横井孫九郎柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone