コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医王山県立自然公園 いおうぜんけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

医王山県立自然公園
いおうぜんけんりつしぜんこうえん

富山県西部,石川県との境,金沢市南東の医王山 (939m) 東麓一帯を占める自然公園。面積 29.4km2。 1975年指定。南砺市に属する。医王山は泰澄大師が開いたといわれる天台宗の霊山で,山中には薬草が多く山名もこれにちなむ。山頂からの眺望は加賀,越中,能登の3ヵ国に及び雄大。百万石展望道路が通じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

医王山県立自然公園の関連キーワード南砺(市)福光

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android