医療用サイクロトロン(読み)いりょうようサイクロトロン(英語表記)cyclotron for medical use

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

医療用サイクロトロン
いりょうようサイクロトロン
cyclotron for medical use

小型化して医療用に使いやすくしたサイクロトロン。サイクロトロンとは強い磁場の中で,陽子,重陽子などの電気をもった粒子 (荷電粒子) を高周波電圧によって加速して,数千万ボルトのエネルギーをもつようにする装置で,これを電極外に引出し,原子核に衝突させると多量の中性子などを発生する。エネルギーの大きい速中性子は癌に対する放射線治療に用いられ,悪性黒色腫,骨肉腫など,これまで放射線の効果が上がらなかった腫瘍の治療に好結果が得られ,研究が進められている。速中性子は生物学的効果比(RBE)が高く,また低酸素細胞を多く含む放射線抵抗性癌に対して効果が大きいことから,この種の癌の治療に期待が寄せられている。さらに医療用サイクロトロンは,核医学で重要な短寿命の放射線同位元素の製造装置としても利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android