医者坊(読み)イシャボン

デジタル大辞泉の解説

いしゃ‐ぼん【医者坊】

《「いしゃぼうず(医者坊主)」の音変化》
坊主頭の医者。
「女中の酒の座には、頭巾かぶりし―あり」〈鶉衣・隅田川涼賦〉
思うことのかなわないこと。
「叶(かな)はぬ事を―といふは、汝が事よと笑はれし」〈浮・色三味線・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いしゃぼん【医者坊】

医者坊主」に同じ。
不可能なこと。元禄(1688~1704)頃の流行語。 「いかないかな入る事-/浮世草子・御前義経記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android