コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医者坊 イシャボン

デジタル大辞泉の解説

いしゃ‐ぼん【医者坊】

《「いしゃぼうず(医者坊主)」の音変化》
坊主頭の医者。
「女中の酒の座には、頭巾かぶりし―あり」〈鶉衣・隅田川涼賦〉
思うことのかなわないこと。
「叶(かな)はぬ事を―といふは、汝が事よと笑はれし」〈浮・色三味線・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いしゃぼん【医者坊】

医者坊主 」に同じ。
不可能なこと。元禄(1688~1704)頃の流行語。 「いかないかな入る事-/浮世草子・御前義経記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

医者坊の関連キーワード浮世草子三味線流行語

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android