医薬用発酵(読み)いやくようはっこう(英語表記)fermentative production of medicines

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

医薬用発酵
いやくようはっこう
fermentative production of medicines

医薬品として用いられる抗生物質,アミノ酸,酵素,ビタミン,有機酸,酵素インヒビターなどを微生物を用いた発酵法によって工業生産する方法。多数の抗生物質,たとえば,ペニシリンストレプトマイシンのような人間に対する病原菌に有効なもの,アクチノマイシンやマイトマイシンC のように腫瘍に効果のあるもの,プラストサイジンS やカスガマイシンのようにイネのいもち病菌にきくものなどが,カビ (糸状菌) ,放線菌,細菌を用いる発酵法によって生産されているのをはじめ (→カナマイシン発酵 , ストレプトマイシン発酵 , ペニシリン発酵 ) ,ビタミンB 12 やアミノ酸や酵素 (アミラーゼ) などが工業規模で生産されている。また,微生物によるステロイドやホルモンの変換も行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android