十三里(読み)じゅうさんり

精選版 日本国語大辞典「十三里」の解説

じゅうさん‐り ジフサン‥【十三里】

〘名〙
① 一里の一三倍の距離。
(イ) 京都から大坂までの距離をいう。
※浮世草子・好色一代女(1686)三「はるばる十三里(リ)の所を、無心は申つかはしけるに」
(ロ) 江戸から鎌倉までの距離をいう。鎌倉松ケ岡には縁切寺として名高い東慶寺があり、雑俳などではそれをふまえていうことが多い。
※雑俳・川柳評万句合‐安永二(1773)信二「十三里はなれて乳にもてあまし」
② (「(九里)より(四里)うまい」のしゃれから) さつまいも。また、焼芋(やきいも)をいう。十三里芋。
※随筆・宝暦現来集(1831)五「其後小石川白山前町家にて、十三里と云行燈を出候、是も亦右焼芋なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「十三里」の解説

じゅうさん‐り〔ジフサン‐〕【十三里】

《「栗(九里)より(四里)うまい」のしゃれ》さつまいも。また、焼き芋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の十三里の言及

【焼芋】より

…夜間は荷を担いで〈ほっこり,ほっこり〉と呼売して歩いた蒸芋屋があったともいう。こうした店は軒先の行灯などに〈八里半〉〈十三里〉などと書いた。前者はクリに近いの意,後者はクリ(九里)より(四里)うまいというしゃれである。…

※「十三里」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android