コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼(き)芋 ヤキイモ

デジタル大辞泉の解説

やき‐いも【焼(き)芋】

焼いたサツマイモ。壺(つぼ)焼き・石焼きなどにする。 冬》「―を食ふ行商の襟見せて/湘子」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やきいも【焼芋】

サツマイモを焼いたもの。サツマイモの食べ方として最も簡便,かつ美味な方法なので,日本でもサツマイモの渡来直後から行われていたはずである。サツマイモは,16世紀の末に中国から沖縄に伝えられ,17世紀末までには九州,四国に普及しており,18世紀になると京都付近でも栽培されていた。関東では1735年(享保20)に青木昆陽が実験的な栽培を始め,以後半世紀ほどの間に関東一円に普及した。まだ砂糖が高価な時代であったから,サツマイモは都市民にとっては救荒食品ではなく,菓子がわりの甘味品としておおいに愛好され,その需要にこたえて焼芋屋が続出した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

焼(き)芋の関連キーワードサツマイモ(薩摩芋)ほっこり呼売商人船橋屋一口話俄然

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android