コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十二族長の遺訓 じゅうにぞくちょうのいくんTestaments of the Twelve Patriarchs

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうにぞくちょうのいくん【十二族長の遺訓 Testaments of the Twelve Patriarchs】

旧約聖書偽典中の一書。《創世記》49章のヤコブ遺訓にならって,ヤコブの12人の息子たちの,死の床での子らへの遺訓を記したもの。多くの場合《創世記》中の記事が他の素材によって補われつつ敷衍(ふえん)され,それに関連して倫理的な教訓が記される。思慮,質素,憐れみ,善行,貞節,純潔などが勧められ,嫉妬,傲慢,酒,姦淫,怒り,うそ,憎しみなどが退けられる。いくつかの遺訓にメシア待望が認められる。長い歴史が推測される成立発展の過程は不明であるが,マカベア(ハスモン)王朝を正当化する層,エッセネ派・クムラン教団的な層,キリスト教的な層が並存しており,ユダヤ教伝承のキリスト教的編集とみるべきか,ユダヤ教文書にキリスト教徒が加筆したものとみるべきか,なお定説を見いだしがたい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android