十八粥(読み)ジュウハチガユ

大辞林 第三版の解説

じゅうはちがゆ【十八粥】

陰暦1月18日に元三がんざん大師の供養のために食う小豆粥。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうはち‐がゆ ジフハチ‥【十八粥】

〘名〙 陰暦正月一八日、魔除けの力をもつといわれる元三大師(がんざんだいし)(通称、角大師・豆大師)への供養として食べるあずき粥。大師粥。十八日粥。《季・新年》
※俳諧・武玉川(1750‐76)六「十八粥は不断着の儘」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android