コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角大師 ツノダイシ

デジタル大辞泉の解説

つの‐だいし【角大師】

元三(がんざん)大師良源(りょうげん)のこと。また、夜叉(やしゃ)形相をかたどったという、2本の角の生えたその画像。
1の姿を印刷した絵。魔除(まよ)けなどとして門口にはったり、また、害虫除けに竹などに挟んで田のあぜなどに立てたりする。
《形が角大師の像に似るところから》近世の男児の髪の結い方。うなじと前後左右の5か所を結んだもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つのだいし【角大師】

○ 元三がんざん大師良源りようげんの通称。二本の角のある姿で描かれることからいう。また、その画像。
二本の角のある鬼形の元三大師像を絵や刷り物とした魔よけの護符。
の髪形に似ることから〕 近世の男児の髪の結い方。項うなじと前後・左右の五か所を結ぶ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の角大師の言及

【大師信仰】より

…暮の11月23日に大師講と称し,小豆粥やだんごを作って,大師が村に来るのを歓待するとか,大師が来て麦やソバをもたらしたとする伝説も多い。 元三大師は角大師ともいわれるが,天台の僧良源のことで,正月の3日に生まれたからこの名がついたとされる。祈禱をよくするため,民間に厄よけ,疫病よけとして信仰される。…

【道成寺】より

…現代風に内容はアレンジされているが,絵巻を広げるための見台が置かれ,片側から巻きながら絵解き説法がなされ,中世の絵解法師の活躍をしのばせて貴重である。また寺には元三大師良源の姿を写したという豆大師,角大師(つのだいし)と呼ぶ護符があり,民間でこの護符を家の門口に張って疫病よけにする風習がある。 重要文化財として,建物では本堂と仁王門,仏像に千手観音像,十一面観音像,菩薩像,毘沙門天像2体,四天王像4体,絵画に紙本著色《道成寺縁起》,その他色紙墨書千手千眼陀羅尼経があって,文化財の宝庫となっている。…

【良源】より

…良源の信仰は全山におよび,中世には〈めぐり大師〉とよばれて画像を交替に諸院で護持したり,堂内に木像や画像をまつった。民間でも信仰され,豆大師または角(つの)大師とよぶ護符を,家の門口にはって疫病や災難よけにする風習があり,現在も諸地方で見られる。【西口 順子】。…

※「角大師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

角大師の関連キーワード元三大師魔よけ門口あぜ夜叉良源護符鬼形元三

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角大師の関連情報