コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十六夜・清心 いざよい・せいしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十六夜・清心 いざよい・せいしん

河竹黙阿弥作の歌舞伎「小袖曾我薊色縫(こそでそがあざみのいろぬい)」に登場する男女。
遊女十六夜と僧清心は心中をはかるがはたせず,離れ離れになる。鬼薊清吉と名のる盗賊となった清心と,おさよと名をかえた十六夜は再会するが,悪事のすえにふたりは死ぬ。清心のモデルは実在の盗賊鬼坊主清吉。安政6年(1859)に上演されて人気を博したが,35日で上演禁止となった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

十六夜・清心の関連キーワード藤岡藤十郎河竹黙阿弥

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android