コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十和田湖温泉 とわだこおんせん

1件 の用語解説(十和田湖温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十和田湖温泉
とわだこおんせん

青森県南部,十和田市の西部,奥入瀬渓流 (→奥入瀬川 ) の入口に近い蔦川の段丘上にある温泉。猿倉温泉から引き湯しており,旧名は焼山温泉。泉質は単純泉。泉温は 64℃で湯量は多い。温泉背後の湯の平高原にはスキー場もある。十和田湖温泉郷を構成,十和田八幡平国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十和田湖温泉の関連情報