コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十大関係論 じゅうだいかんけいろん

1件 の用語解説(十大関係論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十大関係論
じゅうだいかんけいろん

毛沢東が 1956年4月 25日,中国共産党中央委員会政治局拡大会議で行なった講話。「十大関係について」とも訳されている。十大関係とは,(1) 重工業軽工業,農業との関係,(2) 沿海工業と内陸工業との関係,(3) 経済建設と国防建設との関係,(4) 国家,生産単位,生産者個人の関係,(5) 中央と地方との関係,(6) 漢族と少数民族との関係,(7) 党と党外との関係,(8) 革命と反革命との関係,(9) 是と非との関係,(10) 中国と外国との関係をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十大関係論の関連キーワード紅軍江青井崗山東方紅毛沢東思想竹内実毛沢東の評価宇野重昭中西功重慶交渉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone