コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十寸見藤十郎(2代) ますみ とうじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十寸見藤十郎(2代) ますみ-とうじゅうろう

?-1744 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
初代十寸見河東(かとう)の高弟で,夕丈(せきじょう)(初代)を名のる。本業は鍼(はり)医。師の没後,河東の名跡を十寸見河丈(初代)とあらそって敗れ,派をわかち2代江戸太夫藤十郎を名のった。後年剃髪(ていはつ)して清海栄軒と号し,松浦侯につかえる。延享元年4月30日死去。姓は桜井。名は東寿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

十寸見藤十郎(2代)の関連キーワード延享カルナータカ戦争鳥居清忠(初代)カルナータカ戦争ダゴホイの乱シェーンブルン宮殿浮絵カルナータカ戦争蕪村八女福島の燈籠人形

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android