コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十寸見藤十郎(2代) ますみ とうじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十寸見藤十郎(2代) ますみ-とうじゅうろう

?-1744 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
初代十寸見河東(かとう)の高弟で,夕丈(せきじょう)(初代)を名のる。本業は鍼(はり)医。師の没後,河東の名跡を十寸見河丈(初代)とあらそって敗れ,派をわかち2代江戸太夫藤十郎を名のった。後年剃髪(ていはつ)して清海栄軒と号し,松浦侯につかえる。延享元年4月30日死去。姓は桜井。名は東寿。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

十寸見藤十郎(2代)の関連キーワード延享カルナータカ戦争鳥居清忠(初代)カルナータカ戦争ダゴホイの乱シェーンブルン宮殿浮絵カルナータカ戦争蕪村八女福島の燈籠人形

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android