コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十時惟恭 ととき これやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十時惟恭 ととき-これやす

1828-1884 江戸時代後期の武士。
文政11年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)柳河藩士。藩主立花鑑寛(あきとも)の安政改革のさい,老臣立花壱岐(いき)をたすけて財政の整理,兵制の改革,産業の振興に尽力。慶応2年第2次幕長戦争では幕府監軍平山謙二郎に出陣の名目が不明の旨を申しいれ,幕命により出兵した藩兵を出陣先から撤退させた。明治17年3月3日死去。57歳。通称は兵馬。号は抑額。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

十時惟恭の関連キーワード宇田川榕菴スベルドラップ(Johan Sverdrup)ズールー王国カションサマーズツンベリーパークスフェントンユンケルメーソン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android