コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十時惟恭 ととき これやす

1件 の用語解説(十時惟恭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十時惟恭 ととき-これやす

1828-1884 江戸時代後期の武士。
文政11年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)柳河藩士。藩主立花鑑寛(あきとも)の安政改革のさい,老臣立花壱岐(いき)をたすけて財政の整理,兵制の改革,産業の振興に尽力。慶応2年第2次幕長戦争では幕府監軍平山謙二郎に出陣の名目が不明の旨を申しいれ,幕命により出兵した藩兵を出陣先から撤退させた。明治17年3月3日死去。57歳。通称は兵馬。号は抑額。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

十時惟恭の関連キーワード岡田子明片岡喜平治片山辰世鈴木春波鈴木宗休高田亘中島竹道中山真際柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone