十界互具(読み)ジッカイゴグ

大辞林 第三版の解説

じっかいごぐ【十界互具】

〘仏〙 天台宗の教理で、地獄界など、十界の一つがそれぞれ互いに他の九界をそなえているということ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じっかい‐ごぐ【十界互具】

〘名〙 仏語。天台宗で説く、十界が互いに十界を具えていて百界を成しているということ。一念三千の根基の法門をいう。
※日蓮遺文‐守護国家論(1259)「於法華経十界互具久遠実成了」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android