一念三千(読み)いちねんさんぜん

日本大百科全書(ニッポニカ)「一念三千」の解説

一念三千
いちねんさんぜん

仏教用語。われわれが生きるこの現象世界(諸法)の真実の姿(実相(じっそう))を示すべく、天台大師智顗(ちぎ)によって説かれた教説である。現象する世界の諸相を三千のに整して表し、そしてそうしたものからなるこの世界が人間のそのときどきの一念)と変わるものでないこと、すなわち、すべては自己完結的にそれ自身であり続けえず、不二相即の関係にたつことを教えたものである。ときにこの教えは心に一切法(いっさいほう)が具足されていることを教えるだけの教説と解される向きがあるが、それでは智顗の本意を正確に伝えることはできない。

[新田雅章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「一念三千」の解説

いちねん‐さんぜん【一念三千】

〘名〙 仏語。人の平常持ち合わせている心に、三千という数に表現された全宇宙事象が備わっているとする天台宗の基本的な教義。
※正法眼蔵随聞記(1235‐38)三「一念三千の法門なんどを、胸中に学し入て持たるを、道心と云也」 〔止観弘決‐五・三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「一念三千」の解説

一念三千
いちねんさんぜん

天台宗の教理。迷いの生活のなかにある人間が起すほんのわずかの迷いのなかにも,宇宙のあらゆる姿がそなわっているとすること。天台宗ではこの理を瞑想によって体験的に体得することを目指す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「一念三千」の解説

一念三千【いちねんさんぜん】

仏教用語。人間の日常的な心の動きの中に三千の数に表現される現象が,実在として備わっていること。天台観法の極致とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「一念三千」の解説

いちねん‐さんぜん【一念三千】

天台宗の教旨で、日常の人の心の中には、全宇宙の一切の事象が備わっているということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「一念三千」の解説

いちねんさんぜん【一念三千】

人間の日常の一瞬一瞬のかすかな心の動きに,三千の数で現された宇宙のいっさいのすがたが完全にそなわっているということ。天台宗の基本的な教説の一つ。智顗(ちぎ)の《摩訶止観(まかしかん)》五ノ上に〈此の三千は一念の心に在り,若(も)し心無くば已(や)みなん,介爾(けに)も心あらば即ち三千を具す〉とあるにもとづく。三千の数は,迷十界が互いにそなわり合って百界となり,そのそれぞれが実相の十種(十如是)をそなえて千となり,さらにそれが衆生国土,五陰の三世間にわたっているから三千となり,この三千で宇宙のいっさいの現象(諸法)を表現する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android