守護国家論(読み)しゅごこっかろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

守護国家論
しゅごこっかろん

日蓮著作。1巻,正元1 (1259) 年成立。時代が正法から末法へと移行すると,仏陀による正しい教えが次第に薄らぐとし,法然の『選択集』は正しい教えをそこなうものとして批判し,『法華経』に基づく正しい教えに従うべきであると論じた書。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅごこっかろん【守護国家論】

一巻。1259年、日蓮著。当時頻発した天変地異を邪宗の横行にあるとし、法華経に依拠してこそ国家・社会の平安があると説く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android