コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守護国家論 しゅごこっかろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

守護国家論
しゅごこっかろん

日蓮著作。1巻,正元1 (1259) 年成立。時代が正法から末法へと移行すると,仏陀による正しい教えが次第に薄らぐとし,法然の『選択集』は正しい教えをそこなうものとして批判し,『法華経』に基づく正しい教えに従うべきであると論じた書。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅごこっかろん【守護国家論】

一巻。1259年、日蓮著。当時頻発した天変地異を邪宗の横行にあるとし、法華経に依拠してこそ国家・社会の平安があると説く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

守護国家論の関連キーワード立正安国論天変地異邪宗一巻横行

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android