コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千人の交響曲

デジタル大辞泉プラスの解説

千人の交響曲

オーストリアの作曲家グスタフ・マーラーの交響曲第8番(1906)の通称。原題《Symphonie der Tausend》。名称は1000人におよぶ演奏者を必要とすることに由来し、1時間半という長い演奏時間でも知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

せんにんのこうきょうきょく〔センニンのカウキヤウキヨク〕【千人の交響曲】

《原題、〈ドイツ〉Symphonie der Tausendマーラーの交響曲第8番の通称。変ホ長調。全2部構成。1906年作曲。名称はオーケストラの編成が大規模であり、千人におよぶ演奏者を必要とすることに由来する。第2部ではゲーテの戯曲「ファウスト」が歌詞に用いられている。一千人の交響曲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

千人の交響曲の関連キーワードファウスト(ゲーテの悲劇)グスタフ マーラーロマン派音楽山田 一雄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千人の交響曲の関連情報