コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千人の交響曲

1件 の用語解説(千人の交響曲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

千人の交響曲

オーストリアの作曲家グスタフマーラーの交響曲第8番(1906)の通称。原題《Symphonie der Tausend》。名称は1000人におよぶ演奏者を必要とすることに由来し、1時間半という長い演奏時間でも知られる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千人の交響曲の関連キーワードコルンゴルト悲劇的アッター湖グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団子供の死の歌最後の7つの歌さすらう若人の歌嘆きの歌夜の歌若き日の歌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千人の交響曲の関連情報