コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千村仲雄 ちむら なかお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千村仲雄 ちむら-なかお

1785-1847* 江戸時代後期の武士,国学者。
天明5年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)可児郡(かにぐん)久々利を領した旗本。本居大平(もとおり-おおひら)にまなび,「日本書紀」の景行天皇美濃行幸を考察し,泳宮(くくりのみや)が久々利の地であるとする「泳宮考」をあらわした。和歌にも通じていた。弘化(こうか)3年11月26日死去。62歳。通称は平右衛門,のち伊予。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千村仲雄の関連キーワードベルトレベリンスキーリベリア三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水マンギト朝