コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千村峒陽 ちむら とうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千村峒陽 ちむら-とうよう

1807-1891 江戸後期-明治時代の儒者。
文化4年生まれ。千村仲雄の長男。尾張(おわり)名古屋藩士。沢田眉山(びざん),伊藤圭介らにまなび,詩文,蘭学などもおさめた。維新後,木曾姓を称する。弟子に田中芳男ら。明治24年3月18日死去。85歳。名は仲泰。字(あざな)は大来,垤堂。通称は平右衛門,十郎右衛門。著作に「西荘集詠」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千村峒陽の関連キーワード明治時代儒者

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android