コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千枝 チエ

3件 の用語解説(千枝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ち‐え【千枝】

たくさんに枝分かれした枝。ちえだ。
「和泉なるしのだの森の葛の葉の―にわかれてものをこそ思へ」〈古今六帖・二〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千枝 ちえだ

?-? 平安時代中期の画家。
宮廷絵師飛鳥部常則(あすかべの-つねのり)とともに「源氏物語」須磨(すま)の巻などに,絵の名手としてとりあげられている。天暦(てんりゃく)(947-957)ごろの人。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちえ【千枝】

たくさんに枝分かれした枝。 「楠の木は…-にわかれて/枕草子 40

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千枝の関連情報