コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源信明 みなもとの さねあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源信明 みなもとの-さねあきら

910-970 平安時代中期の官吏,歌人。
延喜(えんぎ)10年生まれ。源公忠(きんただ)の子。若狭(わかさ),陸奥(むつ)などの国守を歴任。従四位下。父とともに三十六歌仙にかぞえられ,勅撰集には「後撰和歌集」以下に23首はいっている。家集「信明集」に中務(なかつかさ)との贈答歌がおおい。天禄(てんろく)元年死去。61歳。
【格言など】ほのぼのと有明の月の月影に紅葉吹きおろす山おろしの風(「新古今和歌集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

源信明の関連キーワード三十六歌仙源経信母源道済源兼澄源信義源経信中務

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android