コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源信明 みなもとの さねあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源信明 みなもとの-さねあきら

910-970 平安時代中期の官吏,歌人。
延喜(えんぎ)10年生まれ。源公忠(きんただ)の子。若狭(わかさ),陸奥(むつ)などの国守を歴任。従四位下。父とともに三十六歌仙にかぞえられ,勅撰集には「後撰和歌集」以下に23首はいっている。家集「信明集」に中務(なかつかさ)との贈答歌がおおい。天禄(てんろく)元年死去。61歳。
【格言など】ほのぼのと有明の月の月影に紅葉吹きおろす山おろしの風(「新古今和歌集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源信明の関連キーワード三十六歌仙源経信母源道済源兼澄源信義源経信中務

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android