コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千石剛賢 せんごく たけよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千石剛賢 せんごく-たけよし

1923-2001 昭和後期-平成時代の宗教家。
大正12年7月12日生まれ。昭和27年村岡太三郎主宰の聖書研究会大阪伝道所の世話役となる。35年東京で極東キリスト集会をひらく。信者との共同生活をはじめ,50年イエスの方舟(はこぶね)と改称。53年信者の家族との対立をさけ,各地を転々として千石イエスとよばれた。55年から博多でキリスト教集会を主宰。平成13年12月11日死去。78歳。兵庫県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千石剛賢の関連キーワード宗教家

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android