コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千社参り せんじゃまいり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千社参り
せんじゃまいり

多くの社寺巡拝して,祈願の成就を願う習俗。自分の生地,姓名生年月日などを書いた札 (千社札) を巡拝の印として社殿に張った。平安時代末期に始ったといわれ,天保年間 (1830~44) 江戸幕府により禁止されたが,この流行は衰えず,現在まで続いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

千社参り【せんじゃまいり】

千社詣

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

せんじゃまいり【千社参り】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の千社参りの言及

【千社詣】より

…はじめのうちは千社札は手書きで,木版刷りにすることもなかったが,この風習が時代の気風にあったのかたちまちに大流行して,天保年間(1830‐44)には禁止されたこともある。なお昭和のはじめごろまで,地方では出征兵士の無事を祈って,村の鎮守から家々の屋敷神まで手あたりしだいに参拝する千社参りがはやったこともある。【真野 俊和】。…

※「千社参り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

千社参りの関連キーワード願掛け

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android