千緒万端(読み)せんしょばんたん

四字熟語を知る辞典「千緒万端」の解説

千緒万端

たくさんの事柄。種々雑多な事柄。千端万緒。

[使用例] 人の心の働きは千緒万端、朝はに異なり、夜はに同じからず[福沢諭吉文明論之概略|1875]

[使用例] 人の世界にありてなさんと欲する所のもの千緒万端なれども凡そ生命を有したる上は必ずまずその生活の道を求めざるべからず[徳富蘇峰将来之日本|1886]

[解説] 「千緒」は「せんちょ」とも読み、多くのわざ、仕事のこと。「万端」はあらゆる事柄。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「千緒万端」の解説

せんしょ‐ばんたん【千緒万端】

〘名〙 たくさんの事柄。種々雑多な事柄。千端万緒。
※本朝文粋(1060頃)二・意見十二箇条〈三善清行〉「此等条類、千緒万端」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「人の心の働は千緒万端、朝は夕に異なり、夜は昼に同じからず」 〔晉書‐陶侃伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「千緒万端」の解説

せんしょ‐ばんたん【千緒万端】

種々雑多な事柄。
「人の心の働きは―」〈福沢文明論之概略

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android