万端(読み)ばんたん

精選版 日本国語大辞典「万端」の解説

ばん‐たん【万端】

〘名〙
① すべての事柄。ある事についてのあらゆる事柄。また、さまざまの物事。万緒。万般。
※忠岑十体(11C初頃か)「是体詞標一片義籠万端
※蘭東事始(1815)下「彼文辞・章句を解し給ふ事も、万端人より早く」 〔史記‐礼書〕
② いろいろのてだて。あらゆる手段。
※新撰万葉(893‐913)上「一曲弾来千緒犯、万端調処八音清」 〔史記‐信陵君伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「万端」の解説

ばん‐たん【万端】

ある事についてのあらゆる事柄・方法。「千緒せんしょ万端」「準備万端整う」
俗に、すべてが整っていること。万全。「準備は万端だ」
[補説]2は「万端整えてある」からの誤解。
[類語]凡て全部全体全般総体一切いっさい万般万事全数総数総量全額満額総額総高

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「万端」の解説

【万端】ばんたん

すべて。また、さまざま。〔楽遊原に登る〕 年の詩酒江干(かうかん)(のほとり)に滯る 水積み雲重なり、思ひ

字通「万」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android