千般(読み)センパン

大辞林 第三版の解説

せんぱん【千般】

〔「せんばん」とも〕
種々。さまざま。いろいろ。 「一首の歌に-の恨を述べて/太平記 12

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐ぱん【千般】

〘名〙 (「せんばん」とも) いろいろ。種々。さまざま。千万。
※性霊集‐二(835頃)沙門勝道歴山水瑩玄珠碑序「千般錦花、无機常織、百種霊物、誰人陶冶」
※太平記(14C後)一二「一首の歌に千般(せんバン)の恨を述て」 〔元稹‐長灘夢李紳詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android