コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孫思邈 そんしばく Sun Si-miao; Sun Ssǔ-miao

3件 の用語解説(孫思邈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孫思邈
そんしばく
Sun Si-miao; Sun Ssǔ-miao

[生]開皇1(581).京兆,華原
[没]永淳1(682)
中国,唐初に活躍した医者,神仙家。薬上真人ともいう。京兆華原 (現陝西省耀県) の人。当時の医学における幅広い知識を集大成した医書『千金方』,『千金翼方』などを著し,後代「薬王」と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そんしばく【孫思邈 Sūn Sī miǎo】

?‐682
中国,初唐の道士,医家。京兆華原(陝西省耀県)の人。初め太白山で道術の修行に励んだ。その後,太宗,高宗に相次いで招かれて都に住み,宋令文,孟詵(もうせん),盧照鄰(ろしようりん)ら当時著名の文人らと交わったが,終生官途には就かなかった。彼は道儒仏三教一致の立場に立ち,《老子》《荘子》の注釈を著す一方,律宗の高僧道宣とも親しく交わり,とりわけ《華厳経》を尊重した。また,道術と不可分の医薬学にとくに深い造詣を有し,《千金要方》《千金翼方》などの医書を著して,中国医薬学史上に不朽の名を刻んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孫思
そんしばく
(581/601―682)

中国、隋(ずい)・唐代の医家。京兆華原(けいちょうかげん)(陝西(せんせい)省耀(よう)県)の人。孫真人(そんしんじん)ともいわれる。7歳のときから学問を始め、20歳ごろには老子・荘子や百家の説を論じ、あわせて仏典も好んだ。陰陽・推歩(天文・暦算)・医薬に精通していた。太白山に隠居し、隋の文帝、唐の太宗や高宗が高位を約して招いたが受けなかった。著書『備急千金要方』の自序に「幼時に風冷にあい、たびたび医者にかかり、家産を使い果たした。ゆえに学生のときから老年に至るまで医書を尊び親しんでいる。診察・薬方などを有識者に学び、身辺の人や自身の疾病を治すようになった。薬方や本草(ほんぞう)を学ぶのはよいが、薬方書は非常に多く、緊急時にまにあわない。そこで多くの経方書から集めて簡易につくったものが『備急千金要方』30巻である。人命は貴く千金の価値がある」と書いている。『千金翼方』『福禄(ふくろく)論』『摂生真録』『枕中(ちんちゅう)素書』などの著書がある。[山本徳子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の孫思邈の言及

【医者】より

… 民間の医者の養成は個人教育や世襲によっていたが,特別な資格は要求されなかった。後世まで名医として知られている人は,医官のなかでは王叔和や王惟一程度で,民間人のほうが多く,それらの人は華佗(かだ)や姚僧垣(ようそうえん),孫思邈(そんしばく)などのように貴人や官吏の治療にも当たった。しかし医官の最高位が各省の副長官の下程度であったように,医者の社会的地位は低く,とくに職業としての医療行為は低い評価しか受けなかった。…

【火薬】より

… 道教の経典を集大成した《道蔵》の中には練丹術を記載した書籍が含まれ,火薬に関連した記事が見受けられる。隋・唐の間の道家であり薬物学者として有名な孫思邈(そんしばく)の《円経内伏硫黄》には硝石,硝黄,角子(サイカチの実)を火で処理することがみえ,少しおくれて中唐ごろに書かれた《真元妙道要略》という道家の書物には硝石に硫黄を作用させる方法を記し,さらに硫黄,雌黄(ヒ素と硫黄の化合物),硝石の混合物を焼くと炎が激しく出て,手や顔を焼き,家をも焼きつくすことになるという。こうした記事からみて,唐代のころに道家の人々を中心に黒色火薬が発明されるようになったと思われる。…

【銅川】より

…同官県は解放後,銅川県となり,1958年市となった。付近には唐の玉華宮遺跡,耀州瓷窯跡などの遺跡のほか,唐の孫思邈(そんしばく)の医薬書を刻した碑石で有名な薬王山(五台山)がある。【秋山 元秀】。…

※「孫思邈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

孫思邈の関連キーワード王通陝西省楊炯柳公権盧照鄰王嚞華原磬京兆京兆の尹呉筠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone